Second Life

感謝の気持ちを忘れずに。。
TOPスポンサー広告 ≫ 続 恒例のツァーコンダクターは大忙し(^_-)TOP日々の暮らし ≫ 続 恒例のツァーコンダクターは大忙し(^_-)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

続 恒例のツァーコンダクターは大忙し(^_-)

1日目の夕食は 私が最近嵌っているお店「どんどん」さんへ行きました。

このお店は地元で採れた旬の野菜をふんだんに使って田舎のお袋の味を堪能させてくれるのです。

急に電話して行ったのに、「大阪からのお客様」だと言うので普段は出さない取って置きのメニューにしてくれました。
写真撮るの忘れましたが マンション暮らしの都会人には 超ご馳走ばかりでした。

「タケノコの味噌和え」「タケノコの煮物」「トビウオの天ぷら」に

おじさんがキュウリを海から採ってきたウニで和えた小鉢などでした。

おまけにホテルでの朝食分のご飯まで持たせてくださいました。

お値段もあり得ないくらいの激安ですから、二度ビックリです。

とても喜んでくれて、お連れした甲斐がありました。

2日目は 朝早く出て姪浜で合流後、柳川まで案内しました。一昨年も連れて行ったのですが

旦那さんも行きたいとのことでしたから、柳川川下り乗り場で下りてもらい

私は一足お先に柳川「お花」へ行って待ってました。

約90分の川下り 天気も景色も良くて楽しんでもらえた様です。

柳川「お花」ではガイドさんに案内して戴けたのでラッキーでした。

P1000496.jpg


平日でしたが修学旅行の生徒さんで いっぱいでした。

柳川を後にして八女まで行き、伝統工芸館に新しくできた物産館で遅い昼ご飯になりました。

「だんご汁定食」食べていると賄いの小母ちゃんが横からミニトマトやオレンジを

次から次へと、出してくれるのです福岡の人は温かい人が多いと喜んでくれました。

伝統工芸館では館長さんにガイドを頼んだので普段は見られない所まで案内してもらいラッキーでした。

八女は 仏壇、人形芝居、盆提灯 紙すきと沢山の工芸品があり、古民家、工芸品好きなお客さんは大喜びでした


IMG_1282.jpg

八女の最後は私の友人の実家の八女福島仏壇の老舗「木佐木仏壇店」で

 伝統工芸の八女福島仏壇のギャラリーを

見せてもらいました。

漆の蒔絵工芸士の方に案内してもらい、仏壇の塗り直しをされてある作業場も見せていただけました。

仏壇の塗り直しを頼まれたけど、綺麗に埃を拭いたらピカピカの状態に戻って塗り直さなくても

良いくらいになったので頼まれた客に見せにいったけど、

やはり塗り直してくれと言われたという仏壇を分解した状態のも見せてもらえました。本当にピカピカでしたよ。



八女からは高速で福岡まで帰ってきて姪浜の小戸ヨットハーバーで糸島半島を一望できるロケーションの中で

夕日が落ちるのをのんびり眺めました。普段 大阪では見ることが出来ないsunsetですから大感激してくださいました。

待っている間 釣り人の魚を狙う鷺さんの動きは爆笑物でしたよ。

P1000517.jpg
P1000507.jpg


2日目最後の〆は「博多豚骨ラーメン」です。小戸にあるアッサリ系のラーメン屋さんです。

丸2日間500キロの旅はこうして終わりました。疲れたけど 喜んでもらえて御世話した甲斐がありました。

3日目は夫婦で福岡市内を散策されたそうです。


19日は我が家は朝から水稲の種まき作業でした。

2日も遊びまくった私にはハードでしたが、旦那も腰を痛めているのでバイト君2人雇って頑張りました。

午後からは キクイモの定植作業までやりました。バイト君が手伝ってくれると言うので逃げられません(^_-)

もともと、キクイモは私が我が家に持ち込んだのですから、私の仕事だそうです(^_^;)

怒濤の3連チャンの最後の〆は  近所の古民家で開催された「武田真弓ジャズライブ」です。

550453_356305581090513_100001332232488_955526_452238475_n.jpg



今回はサックスが入り、とても盛り上がりましたよ。

日々の暮らし | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。