Second Life

感謝の気持ちを忘れずに。。
TOPスポンサー広告 ≫ 晴れ女と共に八女ぼんぼり祭りへTOP日々の暮らし ≫ 晴れ女と共に八女ぼんぼり祭りへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

晴れ女と共に八女ぼんぼり祭りへ

昨日は、八女福島のぼんぼり祭りにいきました。

私は古民家と、お雛様が大好きで毎年の様に各地に出かけていっています。去年は有田の陶器のおひな様でした。

昨日から旦那が大分竹田までフルマラソンに参加するので 今までは私が介護老人の世話を一人で

やっていたのですが 転倒することが増えたので、ショートステイに預けてもらうようにしました。

私にとっても 息抜きになりますからね。普段もいつも出歩いていますが、老人が居ると居ないでは

ストレスの度合いが違いますからね。旦那が居ないときは私に対する態度が全く違うのですから。。。

今回は一泊で日帰りバス旅行にでも行けたらと願っていましたが、なかなか付き合ってくれる人も居なくて

3日前になって 元同僚に声掛けて見たら 快く付き合ってくれることになり私の執念が実った感じでした(^_^;)

最近 菜種梅雨みたいに雨ばかりでしたが、昨日は朝から暖かくぽかぽか陽気だったので大喜びでした。

一緒に行ってくれた友人は「晴れ女」だと言ってましたが、見事に晴れてくれました。

八女ぼんぼり祭り会場まで車で2時間弱で 八女市役所に車を停めて 無料巡回バスに乗れるので

とてもゆっくり見物することが出来ました。

八女のおひな様は ぼんぼりと箱ひなですが、夏の盆提灯作りが終わって内職でおひな様が作られてたらしく

着物も仏具の生地や、カンザシなども漆で作られていて とても落ち着いた趣のおひな様です。

八女と言えば八女茶に金色の福島仏壇 竹細工  盆提灯と 工芸品制作のお店が軒を連ね、

今でも 古い建物が多く残っています。一日では廻りきれないくらいです。

八女工芸会館の日本一の仏壇には目を見張るばかりです。帰りに八女のの仏壇店から糸島に嫁いできている古い知人の実家に寄らせていただいて仏具を買って帰ってきました。

福岡まで帰ってきて知人を家まで送り届けたら新しくノートパソコンを買われたので、そのセキュリティソフトを

入れてあげることになり、とうとう夕食までご馳走になって帰ってきました。

朝から夜まで 最高の一日になりました。楽しかった~~。


v

日々の暮らし | Comments (2) | Trackbacks (-)

Comment

ぼんぼり祭り
編集
こんにちは、コメント有り難うございました。八女の箱雛には余所にない趣がありますね。
毎年 おひな様の時期にはあちこち出かけています。私は福岡の糸島に住んでいて八女に初めて行きました。また行ってみたい街並みでした。
2012年03月06日(Tue) 11:54
編集
私も八女伝統工芸館へ行きました。
天井まであるりっぱな仏壇にびっくりしました(^^)

昔のお雛様が今もなお大切に保管されてて、
すごいですよね!
2012年03月05日(Mon) 23:30












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。