Second Life

感謝の気持ちを忘れずに。。
TOPスポンサー広告 ≫ 二見ヶ浦の大注連縄掛けの神事TOP日々の暮らし ≫ 二見ヶ浦の大注連縄掛けの神事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

二見ヶ浦の大注連縄掛けの神事

連休の間は勉強するはずだったのですが、毎日フラフラ遊び回っております。
昨日は、午前中は二階の元パソコン部屋の掃除しました。
いろんなものが出てきました。「こんな〜所に○○が〜♪」状態です。
たまには掃除もするものですね。

2時半くらいから我が町のイベント「志摩の五月」会場に行って
フリーマーケットを物色してから二見ヶ浦の大注連縄掛けの行事を
撮影に行きました。1トンくらいの重さの注連縄を岩と岩の間に掛ける神事なのです。今年は天気も良くたくさんのカメラマンでいっぱいでした。隣の立派な一眼レフデジカメのおじさんは長崎の佐世保から
来たそうです。

いよいよ岩に注連縄を掛ける作業に取りかかった時にパトカーがウロウロし出して路上駐車している私はハラハラでした。
違反切符切られたら大変なので後ろ髪引かれながら帰ってきました。残念!
夕日の写真は前日の「白い美術館」前の夕日です。綺麗でしたよ。

P1010143.jpg P5030156.jpg


P1010131.jpg  P1010129.jpg

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。